Table of contents目次

  1. File menuファイルメニュー
    1. Common icons共通のアイコン
    2. FDD menuFDD メニュー
    3. SASI menuSASI メニュー
    4. SCSI menuSCSI メニュー
    5. HFS menuHFS メニュー
    6. Quit終了
  2. MPU menuMPU メニュー
    1. Resetリセット
    2. Hold down OPT.1 and resetOPT.1 を押しながらリセット
    3. Interruptインタラプト
    4. Change the model and reset機種を変更してリセット
    5. 10MHz
    6. 16.7MHz
    7. 25MHz
    8. 33.3MHz
    9. 50MHz
    10. Arbitrary frequency任意の周波数
    11. Arbitrary load factor任意の負荷率
    12. No FPUFPU なし
    13. Extended precision (19 digit)拡張精度 (19 桁)
    14. Triple precision (24 digit)三倍精度 (24 桁)
    15. Full specification FPUフルスペック FPU
    16. FE function instructionFE ファンクション命令
    17. Reject FLOATn.XFLOATn.X を組み込まない
    18. Cut FC2 pinFC2 ピンをカットする
  3. Display menu画面メニュー
    1. Full screen全画面表示
    2. Fit in windowウインドウに合わせる
    3. Fixed scale固定倍率
    4. Nearest neighbor最近傍補間
    5. Bilinear線形補間
    6. Bicubic三次補間
    7. Intermittent drawing menu間欠描画メニュー
    8. Extended graphics screen拡張グラフィックス画面
    9. Sprite pattern viewerスプライトパターンビュア
    10. Screen mode test表示モードテスト
  4. Sound menu音声メニュー
    1. Play音声出力
    2. Volume音量
    3. Sound interpolation menu音声補間メニュー
    4. Sound monitor音声モニタ
    5. OPM outputOPM 出力
    6. PCM outputPCM 出力
    7. PCM interpolation menuPCM 補間メニュー
    8. PCM source oscillator frequency menuPCM 原発振周波数メニュー
  5. Input menu入力メニュー
    1. Paste貼り付け
    2. No keyboardキーボードなし
    3. Standard keyboard標準キーボード
    4. Compact keyboardコンパクトキーボード
    5. Key assignmentsキー割り当て
    6. Repeat delay menuリピート開始メニュー
    7. Repeat interval menuリピート間隔メニュー
    8. F11 key menuF11 キーメニュー
    9. Seamless mouseシームレスマウス
    10. Ctrl-key + left-button = right-buttonCtrl キー+左ボタン=右ボタン
    11. Edge acceleration縁部加速
    12. Mouse cursor speedマウスカーソルの速度
    13. Use host's pixel unitsホストの画素単位を使う
    14. Joystick portジョイスティックポート
  6. Config menu設定メニュー
    1. Terminalターミナル
    2. Debug menuデバッグメニュー
    3. Boot device menu起動デバイスメニュー
    4. Main memory menuメインメモリメニュー
    5. High memory on X68030 menuX68030 のハイメモリメニュー
    6. Local memory on 060turbo menu060turbo のローカルメモリメニュー
    7. RTC menuRTC メニュー
    8. SRAM menuSRAM メニュー
    9. Configuration file menu設定ファイルメニュー
    10. Font editorフォントエディタ
    11. Printerプリンタ
    12. Miscellaneous menuその他メニュー
    13. Java runtime environment informationJava 実行環境の情報
    14. Version informationバージョン情報
    15. License menu使用許諾条件メニュー
  7. Language menu言語メニュー

1. File menu ファイルメニュー

1.1. Common icons 共通のアイコン

icon アイコンcurrent state 現在の状態behavior when the icon is clicked アイコンがクリックされたときの動作
number 0 disabled - number 15 disabledUnit 0-15 is not connected ユニット 0-15 は未接続Connect the unit 0-15 ユニット 0-15 を接続する
number 0 - number 15Unit 0-15 is connected ユニット 0-15 は接続済みDisconnect the unit 0-15 ユニット 0-15 を切り離す
hard disk disabledHard disk mode ハードディスクモード
hard diskSwitch to the CD-ROM mode CD-ROM モードに移行する
cd-rom disabledCD-ROM mode CD-ROM モード
cd-romSwitch to the hard disk mode ハードディスクモードに移行する
eject disabledEjection is not allowed イジェクトできない
ejectEjection is allowed イジェクトできるEject イジェクトする
open disabledInsertion is not allowed 挿入できない
openInsertion is allowed 挿入できるInsert 挿入する
protected disabledRead-only 書き込めない
protectedAllow write-access 書き込みを許可する
not-protectedWrite-access is allowed 書き込めるPrevent write-access 書き込みを禁止する

1.2. FDD menu FDD メニュー

Operate floppy disk drives. Unit 0 and 1 are not disconnectable. Unit 2 and 3 are connectable. フロッピーディスクドライブを操作します。ユニット 0 と 1 は切り離せません。ユニット 2 と 3 を追加できます。

Floppy disk image files are read entirely when they are inserted and they are written entirely when they are ejected or XEiJ is closed. They are not updated midway through. フロッピーディスクのイメージファイルは挿入するときに丸ごと読み込まれ、イジェクトまたは終了するときに丸ごと書き出されます。操作中は更新されません。

1.2.1 Open floppy disk image files フロッピーディスクのイメージファイルを開く

Click open icon to open a file chooser. open アイコンをクリックしてファイルチューザを開きます。

1.2.2 Create new floppy disk image files フロッピーディスクのイメージファイルの新規作成

1.3. SASI menu SASI メニュー

Operate SASI hard disks. SASI hard disks are connected only if the model is EXPERT. SASI ハードディスクを操作します。SASI ハードディスクは機種が EXPERT のときだけ接続されます。

SASI hard disk image files are read entirely when they are inserted and they are written entirely when they are ejected or XEiJ is closed. They are not updated midway through. SASI ハードディスクのメディアのイメージファイルは挿入するときに丸ごと読み込まれ、イジェクトまたは終了するときに丸ごと書き出されます。操作中は更新されません。

1.3.1 Open SASI hard disk image files SASI ハードディスクのイメージファイルを開く

Click open icon to open a file chooser. open アイコンをクリックしてファイルチューザを開きます。

1.3.2 Built-in SASI port 内蔵 SASI ポート

Presence of the built-in SASI port. If the model is EXPERT, it is fixed to ON. Otherwise, it is fixed to OFF. 内蔵 SASI ポートの有無。機種が EXPERT のときは ON、それ以外は OFF に固定されています。

1.3.3 Create new SASI hard disk image files SASI ハードディスクのイメージファイルの新規作成

1.4. SCSI menu SCSI メニュー

Operate SCSI hard disks and CD-ROMs. SCSI ハードディスクと CD-ROM を操作します。

1.4.1 Open SCSI hard disk and CD-ROM image files SCSI ハードディスクと CD-ROM のイメージファイルを開く

Click open icon to open a file chooser. open アイコンをクリックしてファイルチューザを開きます。

1.4.2 Built-in SCSI port 内蔵 SCSI ポート

Presence of the built-in SCSI port. If the model is EXPERT, it is fixed to OFF. Otherwise, it is fixed to ON. 内蔵 SCSI ポートの有無。機種が EXPERT のときは OFF、それ以外は ON に固定されています。

1.4.3 Expansion SCSI port 拡張 SCSI ポート

Enable expansion SCSI port. Both built-in SCSI port and expansion SCSI port are available on EXPERT. Two SCSI ports exist on SUPER or later machines. Human68k usually use only expansion SCSI port when the both ports are available. You will be able to use both SCSI ports by using TWOSCSI.x. 拡張 SCSI ポートを有効にします。EXPERT のときは内蔵 SASI ポートと拡張 SCSI ポートの両方が使える状態になります。SUPER 以降の機種は SCSI ポートが 2 つある状態になります。両方のポートを利用できるとき Human68k は通常は拡張 SCSI ポートだけを使用しますが、TWOSCSI.x を使えば両方のポートを使用できるかも知れません。

1.4.4 Create new SCSI hard disk image files SCSI ハードディスクのイメージファイルの新規作成

1.5. HFS menu HFS メニュー

Operate host file system. ホストファイルシステムを操作します。

1.5.1 Open directories to mount on drives of Human68k Human68k のドライブに割り当てるディレクトリを開く

Click open icon to open a file chooser. open アイコンをクリックしてファイルチューザを開きます。

1.6. Quit 終了

Save settings and end XEiJ. It is same as the close button. 設定を保存して XEiJ を終了します。クローズボタンと同じです。

2. MPU menu MPU メニュー

2.1. Reset リセット

Push the reset button. リセットボタンを押します。

2.2. Hold down OPT.1 and reset OPT.1 を押しながらリセット

Hold OPT.1 key down and push the reset button. Use when you want to reboot from a floppy disk regardless of the boot-device settings. OPT.1 キーを押しながらリセットボタンを押します。起動デバイスの設定を無視してフロッピーディスクから再起動したいときに使います。

2.3. Interrupt インタラプト

Push the interrupt switch. A prompt of ROM debugger appears on the terminal if ROM debugger is running. インタラプトスイッチを押します。ROM デバッガが動作しているときは ターミナル に ROM デバッガのプロンプトが出てきます。

2.4. Change the model and reset 機種を変更してリセット

Change the model and reset. 機種 を変更してリセットします。

2.5. 10MHz

Switch to the fixed frequency mode and set the operation frequency of MPU for 10MHz. 周波数固定モード にします。MPU の動作周波数を 10MHz にします。

2.6. 16.7MHz

Switch to the fixed frequency mode and set the operation frequency of MPU for 16.7MHz. 周波数固定モード にします。MPU の動作周波数を 16.7MHz にします。

2.7. 25MHz

Switch to the fixed frequency mode and set the operation frequency of MPU for 25MHz. 周波数固定モード にします。MPU の動作周波数を 25MHz にします。

2.8. 33.3MHz

Switch to the fixed frequency mode and set the operation frequency of MPU for 33.3MHz. 周波数固定モード にします。MPU の動作周波数を 33.3MHz にします。

2.9. 50MHz

Switch to the fixed frequency mode and set the operation frequency of MPU for 50MHz. 周波数固定モード にします。MPU の動作周波数を 50MHz にします。

2.10. Arbitrary frequency 任意の周波数

Switch to the fixed frequency mode and set the operation frequency of MPU for an arbitrary frequency between 1MHz and 1000MHz in units of 1MHz. 周波数固定モード にします。MPU の動作周波数を 1MHz から 1MHz 刻みで 1000MHz まで設定できます。

2.11. Arbitrary load factor 任意の負荷率

Switch to the fixed load factor mode and set the load factor of MPU for an arbitrary load factor between 1% and 100% in units of 1%. The operation frequency of MPU is automatically controlled to keep the load factor. 負荷率固定モード にします。負荷率を 1% から 1% 刻みで 100% まで設定できます。MPU の動作周波数を自動的に変化させて負荷率を一定に保ちます。

2.12. No FPU FPU なし

Do not use FPU. FPU を使いません。

2.13. Extended precision (19 digit) 拡張精度 (19 桁)

Use extended precision floating point numbers. 拡張精度浮動小数点数を使います。

2.14. Triple precision (24 digit) 三倍精度 (24 桁)

Use triple precision floating point numbers. 三倍精度浮動小数点数 を使います。

2.15. Full specification FPU フルスペック FPU

Enable the full specification FPU. フルスペック FPU を有効にします。

2.16. FE function instruction FE ファンクション命令

Enable the FE function instructions. FE ファンクション命令 を有効にします。

2.17. Reject FLOATn.X FLOATn.X を組み込まない

Enable the FLOATn.X rejection. FLOATn.X の抑制 を有効にします。

2.18. Cut FC2 pin FC2 ピンをカットする

Cut FC2 pin. Whole physical address space is accessible in user mode. FC2 ピンをカットします。物理アドレス空間全体がユーザモードでアクセスできるようになります。

3. Display menu 画面メニュー

3.1. Full screen 全画面表示

Switch screen scaling mode to the full screen mode. 画面スケーリングモードを全画面表示モードにします。

3.2. Fit in window ウインドウに合わせる

Switch screen scaling mode to the fit in window mode. Magnify or reduce the screen of X68000 to fit in the window. 画面スケーリングモードをウインドウに合わせるモードにします。X68000 の画面をウインドウに収まるように拡大または縮小します。

3.3. Fixed scale 固定倍率

Switch screen scaling mode to the fixed scale mode. Magnifies or reduces the screen of X68000 by the specified scale. 画面スケーリングモードを固定倍率モードにします。X68000 の画面を指定された倍率で拡大または縮小します。

3.3.1 Scale 倍率

Specify the scale of fixed scale mode between 10% and 1000% in units of 1%. 固定倍率モードの倍率を 10% から 1000% まで 1% 刻みで指定します。

3.3.2 50%

Set the scale of the fixed scale mode to 50%. Reduces the screen of X68000 to a half. 固定倍率モードの倍率を 50% にします。X68000 の画面を半分に縮小します。

3.3.3 75%

Set the scale of the fixed scale mode to 75%. Reduces the screen of X68000 to 75%. 固定倍率モードの倍率を 75% にします。X68000 の画面を 75% に縮小します。

3.3.4 100%

Set the scale of the fixed scale mode to 100%. Not scale the screen of X68000. 固定倍率モードの倍率を 100% にします。X68000 の画面を拡大縮小しません。

3.3.5 150%

Set the scale of the fixed scale mode to 150%. Magnify the screen of X68000 to one and a half. 固定倍率モードの倍率を 150% にします。X68000 の画面を 1.5 倍に拡大します。

3.3.6 200%

Set the scale of the fixed scale mode to 200%. Magnify the screen of X68000 to double. 固定倍率モードの倍率を 200% にします。X68000 の画面を 2 倍に拡大します。

3.4. Nearest neighbor 最近傍補間

The screen of X68000 is resized by nearest neighbor method. X68000 の画面を最近傍補間 (nearest neighbor) で拡大または縮小します。

3.5. Bilinear 線形補間

The screen of X68000 is resized by bilinear method. 画面を線形補間 (bilinear) で拡大または縮小します。

3.6. Bicubic 三次補間

The screen of X68000 is resized by bicubic method. 画面を三次補間 (bicubic) で拡大または縮小します。

3.7. Intermittent drawing menu 間欠描画メニュー

Select an intermittent drawing mode. 間欠描画モード を選択します。

3.8. Extended graphics screen 拡張グラフィックス画面

Enable the extended graphics screen on next reboot. 次回の再起動のとき 拡張グラフィックス画面 を有効にします。

3.9. Sprite pattern viewer スプライトパターンビュア

Open the sprite pattern viewer. スプライトパターンビュア を開きます。

3.10. Screen mode test 表示モードテスト

Open the screen mode test. 表示モードテスト を開きます。

4. Sound menu 音声メニュー

4.1. Play 音声出力

Enable sound output. 音声出力を有効にします。

4.2. Volume 音量

Control sound volume. 音量を調節します。

4.3. Sound interpolation menu 音声補間メニュー

Select a sound interpolation algorithm. 音声補間アルゴリズム を選択します。

4.4. Sound monitor 音声モニタ

Open the sound monitor. 音声モニタ を開きます。

4.5. OPM output OPM 出力

Output OPM. OPM を出力します。

4.6. PCM output PCM 出力

Output ADPCM. ADPCM を出力します。

4.7. PCM interpolation menu PCM 補間メニュー

Select a PCM interpolation algorithm. PCM 補間アルゴリズム を選択します。

4.8. PCM source oscillator frequency menu PCM 原発振周波数メニュー

Select a source oscillator frequency. ADPCM の 原発振周波数 を選択します。

5. Input menu 入力メニュー

5.1. Paste 貼り付け

Perform paste. 貼り付け を行います。

5.2. No keyboard キーボードなし

No keyboard is displayed. キーボードを表示しません。

5.3. Standard keyboard 標準キーボード

Display standard keyboard with ten-key. テンキーのある標準キーボードを表示します。

5.4. Compact keyboard コンパクトキーボード

Display compact keyboard without ten-key. テンキーのないコンパクトキーボードを表示します。

5.5. Key assignments キー割り当て

Open the key assignment window. You can change key assignments as to which key of X68000 is to be pressed when a key of the host machine is pressed. キー割り当てウインドウを開きます。ホストマシンのキーを押したとき X68000 のどのキーが押されたことにするか、キー割り当てを変更できます。

5.6. Repeat delay menu リピート開始メニュー

Select time from a key pressed until repeat starts. Your choise except default will be written into SRAM switch. キーが押されてからリピートが始まるまでの時間を選択します。既定以外を選択は SRAM スイッチに書き込まれます。

5.7. Repeat interval menu リピート間隔メニュー

Select interval time of keyboard repeat. Your choise except default will be written into SRAM switch. キーボードのリピート間隔を選択します。既定以外を選択は SRAM スイッチに書き込まれます。

5.8. F11 key menu F11 キーメニュー

Select a function of F11 key. F11 キーの機能を選択します。

5.9. Seamless mouse シームレスマウス

Switch bewteen the seamless mouse mode and the exclusive mouse mode シームレスマウスモードエクスクルーシブマウスモード を切り替えます。

5.10. Ctrl-key + left-button = right-button Ctrl キー+左ボタン=右ボタン

Operations of left-button are treated as operations of right-button while Ctrl-key is pressed. Ctrl (control) キーが押されている間、左ボタンの操作を右ボタンの操作とみなします。

5.11. Edge acceleration 縁部加速

Enable the edge acceleration. 縁部加速 を有効にします。

5.12. Mouse cursor speed マウスカーソルの速度

Adjust mouse cursor speed in the exclusive mouse mode. エクスクルーシブマウスモード のときのマウスカーソルの速度を調節します。

5.13. Use host's pixel units ホストの画素単位を使う

In the exclusive mouse mode, use host's pixel units to calculate the mouse cursor speed. エクスクルーシブマウスモード のときホストの画素単位を使ってマウスカーソルの速度を計算します。

5.14. Joystick port ジョイスティックポート

Open the joystick port window. Select and configure devices connected to the joystick ports. Connectable devices are normal 2 button pad, MEGA DRIVE 3 button pad, MEGA DRIVE 6 button pad and Shiromadokun. The screen of Shiromadokun is also displayed on the joystick port window. ジョイスティックポートウインドウを開きます。ジョイスティックポートに接続するデバイスの選択と設定を行います。接続できるデバイスはノーマル 2 ボタンパッド、メガドラ 3 ボタンパッド、メガドラ 6 ボタンパッドおよび白窓君です。白窓君の画面もジョイスティックポートウインドウに表示されます。

6. Config menu 設定メニュー

6.1. Terminal ターミナル

Open the terminal. ターミナル を表示します。

6.2. Debug menu デバッグメニュー

6.3. Boot device menu 起動デバイスメニュー

Specify the boot device. Your choise except default is written into SRAM. 起動デバイスを指定します。既定以外の設定は SRAM に書き込まれます。

6.4. Main memory menu メインメモリメニュー

6.5. High memory on X68030 menu X68030 のハイメモリメニュー

6.6. Local memory on 060turbo menu 060turbo のローカルメモリメニュー

6.7. RTC menu RTC メニュー

Set the clock by host machine…Set the clock of the X68000 by the clock of the host machine. XEiJ always start in the condition that the clock of the X68000 is adjusted to the clock of the host machine because it has the host file system. The clock of the X68000 do not slip from the clock of the host machine unless RTC registers are written. 時計をホストマシンに合わせる …X68000 の時計をホストの時計に合わせます。XEiJ には ホストファイルシステム があるので常に X68000 の時計とホストの時計が合っている状態で起動します。RTC のレジスタに書き込まない限り、X68000 の時計がホストマシンの時計からずれることはありません。

6.8. SRAM menu SRAM メニュー

6.9. Configuration file menu 設定ファイルメニュー

6.10. Font editor フォントエディタ

Open the font editor. フォントエディタ を開きます。

6.11. Printer プリンタ

Open the printer プリンタ を開きます。

6.12. Miscellaneous menu その他メニュー

6.13. Java runtime environment information Java 実行環境の情報

Show the version of Java runtime environment and whether it is running in 64-bit mode or not. Java 実行環境のバージョンと 64 ビットモードで動作しているかどうかを表示します。

6.14. Version information バージョン情報

Show the version of XEiJ. XEiJ のバージョンを表示します。

6.15. License menu 使用許諾条件メニュー

7. Language menu 言語メニュー

Switch the display language. 表示言語を切り替えます。